どんな女性が愛人に向いている?

愛人というと、自分には全く縁のない世界だとお考えの女性は多いことでしょう。ですが、もしかしたらその素質や可能性を秘めている女性は多いのかもしれません。今まで興味がなかった女性も、実はお金をくれるパパを探している女性も、愛人関係向きの女性について一緒に考えてみしょう。

愛人になりやすい女性はどんな性格?

愛人というと、モデルのような女性や水商売の女性のように見た目にも性格にも華やかな人が多そうですよね。しかしイメージに反して、実際に向いている女性というのはクールでドライな人が多いのです。

本来の家庭を持つ既婚男性の相手となるには、それなりに関係を割り切り、また口が堅く軽率な行動を起こさないドライなタイプの女性が男性側にもウケが良いようです。

職場や友人の前ではしっかりとしていながら、本当はパパやパトロンを探している人は一度自分の性格についても見直してみましょう。

恋愛に対して受け身な方が向いている場合も

普段は自分から積極的に恋愛をせず、どちらかというと受け身な女性の方が愛人関係の場合は求められます。恋愛に対して積極的な人と違い、受け身なタイプの女性は男性に対して「ノー」をあまり言わないからです。

愛人関係は基本的には男性がお金を支払い、女性は男性の気持ちや欲望を満たすことが多いです。そのため、できる限り男性の要望や呼び出しに対して「ノー」と言わない女性が求められるのは当然ことかもしれません。

単純な援助交際のような形に比べると安全で女性側にもメリットが大きいので、愛人関係になってみたいとお考えであれば相手に合わせ身を委ねる「イエスマン」としての自分も持ち合わせるといいかもしれませんね。

自分ではおじさんに受けすると思っていても、理想的なパパやパトロンを見つけるにはまた一味違った素質が必要なのです。そのような関係を望むのであれば、理想の男性を見つける前に自分についても一度冷静に見直してみるべきでしょう。